新築戸建てで失敗しない!間取りよりも大切なもの

間取りよりもコレに注意!失敗しない新築戸建て

2通りの購入方法がある

間取りにこだわるのも重要ですが、それ以外にも注意しなければいけないポイントがあります。
まずは、どのような設備が備わっているのかチェックしましょう。
注文住宅にする場合は、必要な設備を考えてください。
生活環境や、新築戸建てで暮らす人を想定するとわかると思います。
建売住宅を購入するならいろんな住宅展示場に行き、それぞれを比較するのが良い方法です。
複数の展示場をめぐった結果、希望通りの設備が揃っており間取りも満足できる新築戸建てを見つけることができるでしょう。

新築戸建ての立地条件をチェックしてください。
どんなに間取りが良くても、立地条件が悪いと不便な暮らしになってしまいます。
駅やスーパーだけでなく本屋やスポーツジムなど、自分が普段から使う施設が近くにある地域を選択しましょう。
ちなみに注文住宅にするなら、最初に土地を買わなければいけません。
注文住宅は建売住宅に比べて、費用が高額になります。

新築戸建てや土地を探す際は、不動産会社に相談すると思います。
不動産会社を頼ると仲介手数料が発生しますし、今はネットで見つけることもできるので、不動産会社を使わないようにする人が見られます。
詳しい知識を持つプロに聞くと効率良く希望通りの新築戸建てや土地が見つかりやすいです。
一緒に見学に行くこともできますし、何でも相談できるので頼りになります。
購入を失敗しないよう、不動産会社を利用してみてください。
実績が豊富にある不動産会社を選択しましょう。

良い新築戸建てを入手する方法

一般的に新築戸建てを入手する際は、注文住宅にする方法と建売住宅にする方法の2種類があります。 自由度が高い方が良いなら、注文住宅にしましょう。 早く入居したい人は建売住宅にすると、契約後にすぐ引っ越せます。 それぞれの方法にする際の、注意点を学びましょう。

暮らしやすい環境なのか

住宅そのものではなく、周囲の環境を確認しましょう。 全くお店や施設がない地域では、用事があるたびに遠くまで行かなければいけないので大変です。 外出する機会が多い人は、駅から遠く離れている地域はできるだけ避けましょう。 費用を抑えるために、敢えてそのような土地を選ぶ人もいます。

不動産会社の選び方

建売住宅でも注文住宅でも、不動産会社を頼りにしてください。 情報をたくさん持っている不動産会社なら、希望に合う新築戸建てや土地を紹介してくれます。 仲介手数料が発生しますが余計な時間がかかりませんし、確実に好みの住宅を手に入れられるのでメリットが多いです。

TOP